綺麗になれるお茶を飲んで生まれ変わろう|お茶でスッピン美人に変身

痩せる為に

痩せにくいのは肥満遺伝子が原因かも

食べたものを体脂肪に変化させ、体の中に溜め込んでしまうものに肥満遺伝子があります。肥満遺伝子を持った人は、持っていない人と同じ食事量でも太りやすくなるというデータがあります。しかし、肥満遺伝子を持っているからといって必ずしも肥満になってしまうということではありません。普段から食べる量が多かったり、運動量が少ないと肥満になる可能性があります。肥満遺伝子を調べるにはダイエット外来を受診するか、検査キットで調べることができます。 今、注目されているDNAダイエットはこの検査結果を元に、自分がどのような食事や運動をしたら効果的に痩せるか知ることができます。自己流のダイエットで痩せることができなかった方も、効果が期待できるのがDNAダイエットです。

検査キットで自分の肥満タイプを調べる

肥満遺伝子は、いくつかのタイプに分ける事ができます。糖質が上手く消費できないタイプや脂質が上手く消費できないタイプ、タンパク質が合成しにくいタイプや、肥満遺伝子よりも生活習慣が重要なタイプの方もいます。 検査キットでは、FTO遺伝子、UCP1遺伝子、ADRB3遺伝子、ADRB2遺伝子といった肥満遺伝子を調べることができます。 最近のDNAダイエットでは、検査キットを購入するとタイプに合わせてどのサプリメントが合うのかを教えてくれたり、食事内容や運動内容も指導してくれます。一般的には市販されている検査キットは、5000円から6000円程で購入できます。 これまでのダイエットで結果がでなかった方も、DNAダイエットで成果が期待できるかもしれません。